幼児教室で英語教育は必要?

幼児教室の中には、小学館の英語教室 イーコラボのような
英語教育に力を入れているところもあります。

小学館の英語教室「イーコラボ」公式ホームページ

 

やはり、子供には世界でも通用するように英語を身に着けて
欲しいということで、こういう英語が学べる幼児教室に通わせる
親も年々増えているそうです。
まわりのママ友などから「英語教室に通わせている!」
といった話を聞くと、ウチも通わせたほうがいいかな?って
気になることも多いと思います。
やはり幼いときから英語に慣れ親しむことができるのは、大きな
メリットですし、大人に比べて子供は吸収力がとてつもないので
すぐに覚えてしまいます。

ですから、継続的に学ぶのであれば、早めに英語教育を
行ったほうがいいです。

 

ただ、1,2年で辞めるということであれば、覚えていた英語も
使わなくなることでだんだんと忘れてしまうので、最初から学ばない
という選択をしたほうがいいという方もいらっしゃいます。

それに、中にはこの先、技術がドンドン進歩して翻訳機などが
日常の生活の中で取り入れられるようになれば、英語などを
身につけなくても困らなくなる!なんて専門家もいらっします。
もちろん、それはまだまだ先の話かもしれませんし、言葉の
微妙なニュアンスなど翻訳機では補えない部分などもあるので
そういう意味では、小さいころから英語に慣れ親しんで、身に付ける
というのは大事なことかもしれませんね。

 

コメントを残す