妊娠したい

妊娠して子供を授かる方法を知りたい、不妊で悩んでいるという人を応援しています。不妊の悩みや妊娠する方法などあなたの悩みを解消できるような情報を紹介します。

*

不妊治療とはいえ、妊娠する方法として薬を使うのは怖い?

   

不妊の治療というか、基本的には妊娠させるための方法と
して、病院では薬を利用するわけですが、この薬も妊娠が
出来る魔法の薬というわけではなく、子どもが欲しいけど
なかなかできない女性の体の機能を高めるような働きの
ある薬を服用したりすることになります。

ちなみに、わたしは排卵などのチェックしてもう時に、
お尻に注射を打たれたり、薬を出されたのをいわれるが
まま服用していました。

これらのクスリは、基本的に妊娠しやすくなる“排卵誘発剤”
や、“着床率”をアップさせるような薬の場合が多いです。

こういった、妊娠がしやすくなるような薬というのは、服用
しても大丈夫なのか心配になる方も多いはず。

そこで、できれば大丈夫ですよ!って言ってあげたいのだけど
実は、そうとは言いきれないんですよね。

中には薬がカラダに合わなくて、頭痛や吐き気などを感じたり、
肌が荒れたりと、症状は様々ですが、副作用と思われるような
症状をともなう方もいるようです。

わたしの場合は、やはり肌荒れが凄かったけど、それが本当に
クスリのせいだと言いきれないので、相談もしづらいんですよ
ね。

もちろん中には同じ薬を使っていても、全く副作用的な症状が
出ない方もいらっしゃいます。

ですから、一概に不妊治療に使うクスリを敬遠するのではなく
クスリにも負けないような身体作りというのも、欠かせないの
かもしれませんね。

ちなみに、わたしが服用、または注射された薬は

  “HCG”   “デュファストン”

の2種類。どちらも排卵を促したり、着床率をアップさせる
クスリなんだそうです。

記事一覧 目次ページに戻る


 - 不妊・妊娠する方法に関するお得な情報