妊娠したい

妊娠して子供を授かる方法を知りたい、不妊で悩んでいるという人を応援しています。不妊の悩みや妊娠する方法などあなたの悩みを解消できるような情報を紹介します。

*

高齢出産、赤ちゃんはいくつまで産める?

   

赤ちゃんを産むというのは、時間との戦い。

現在不妊治療を行っている方にとっては、不妊治療
そのものとの戦いもそうですが、赤ちゃんを産むことが
できる限られた時間との戦いでもあるんですよね。

特に、最近は結婚の晩婚化や女性の社会での活躍が
めざましく、仕事を大切にしている方などが増え、
いざ、赤ちゃんが欲しいってなった時にはじめて
赤ちゃんができにくい身体、不妊治療などが必要って
ことになると、残された時間などを考えると焦りや
不安が募ってきますよね。

では、実際女性の体というのは何歳位まで赤ちゃんを
産むことができるのでしょう?

人間の仕組み上、閉経となる50歳くらいまでは
機能的には赤ちゃんを産むことができます。

しかし、年齢が上がるにつれて妊娠し難くなってくる
のに加え、妊娠中や出産時の母体へのリスクも高く
なってきます。

一般的に妊娠、出産の適齢期として言われているのが
20歳代から30歳代前半。

とはいっても、実際に45歳で初産を迎えたという方も
珍しくなくなっています。

ですから、40歳になったからといって赤ちゃんを
授かることを諦めてしまう必要は全くないわけです。

ただ、高齢出産の場合は、個人の体力や健康面など
個体差が大きく影響してくるのと、あと出産時の
リスクを軽減するための、病院間のフォロー体制という
ものも重要になってきます。

周産期母子医療センターなどのいざというときの治療
体制というものも考慮した出産の準備というものも
意識することは重要になってきます。

記事一覧 目次ページに戻る

譚定長さんの妊娠成功ガイドブック 口コミ 感想 効果 レビュー

マドセンス

 - 未分類