妊娠したい

妊娠して子供を授かる方法を知りたい、不妊で悩んでいるという人を応援しています。不妊の悩みや妊娠する方法などあなたの悩みを解消できるような情報を紹介します。

*

東洋医学で冷え性を解消し、不妊から妊娠しやすいカラダに

   

冷え性を治すのに、漢方薬の効果を別のページでお話しました
が、それ以外にも、不妊の原因、冷え性を治すのに東洋医学を
利用する方法が近年増えてきています。

関連ページ
 
 http://shinshindekiru.livedoor.biz/archives/131272.html

東洋医学といって、最初に思いつくのは紹介した当帰芍薬散
(トウキシャクヤクサン)などの漢方薬。

漢方薬には、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)などの
ように血行を改善、体内に滞っている汚れた血液=瘀血(おけつ)
排出させる働きのあるものがあるので、冷え性や月経障害の
原因となる子宮内の瘀血を改善してくれます。

他に近頃注目されているのが、鍼灸治療。

鍼灸(針灸)は、体内の臓器と器官が連絡し合っているルート
でもある経絡系を刺激するので、いわゆる“気”や血のめぐり
を促し、自然治癒的な回復をさせる効果があります。

いわゆる“ツボ”を刺激することで、体調を整え、バランスの
崩れた身体をもとの状態に好転させようとします。

もちろん、コレだけでこれまで妊娠できなかった人が、簡単に
自然妊娠できるようになるかというと、そうとは言いきれませ
んが、それでも妊娠できない原因、不妊の原因を減らすことに
は、役立つはずです。

また、冷え性ということでいえば、カラダの冷えを感じる部分
に、仙骨部という場所があります。

その仙骨部を冷やさないようにすることも冷え性の改善に役立
ちます。

  仙骨部とは?
   仙骨は骨盤を構成する骨の一つで、先端部の尾骨の上、
   骨盤の中央、臀部のやや上の部分です。

よく西洋医学はその部分だけを直す対症療法的な意味合いが
つよいですが、東洋医学はその原因を根本から改善する方法
となるので、改善までには少し時間がかかります。

それでも地道にやることで結果に繋がる場合もありますので
試してみるのもいいと思います。

記事一覧 目次ページに戻る

 - 妊娠力を高める方法