妊娠したい

妊娠して子供を授かる方法を知りたい、不妊で悩んでいるという人を応援しています。不妊の悩みや妊娠する方法などあなたの悩みを解消できるような情報を紹介します。

*

不妊症にはいろいろな種類があるけど気になるのが習慣流産や不育症

   

流産というのは、どんな女性にとっても何よりも悲しい
ことですが、これが子供が欲しくてたまらない人、特に
不妊症で悩んでいる人や、妊娠するためにいろいろな
ことを試している人にとっては、これほど辛いことは
ないでしょうね。

普通、1回くらいの流産というのは自然の摂理としては
起こりうることなんだそうです。

ですから、その後の妊娠に関しては不安を感じたりする
必要はないそうです。

でも、2度3度流産が繰り返されるようなことがある
場合は、何か特別な原因があると見たほうがようさそう
です。

流産をしてしまうような原因がどこかにあるはずです
から。

こういった、2度3度流産してしまうことを習慣流産
というそうで、以前からけっこう多くあるケースなんだ
そうですよ。

また、早産や死産なども含んで、こういったことが繰り
返されることを“不育症”と呼ぶそうです。

不育症の原因でもっとも多いのが、受精卵の染色体の
異常と、子宮の異常なんだそうです。

他に原因として挙げられるのが、卵巣の黄体機能不全、
母子の血液型不適合、また、過去の病気の影響なども
かかわってくる場合もあるそうなので、より高度な
専門医に診てもらう方が良いですね。

染色体異常というのは、夫婦どちらかの染色体に異常が
ある場合、受精・妊娠をしてもそれを維持し続けること
が難しくなるそうで、たとえ出産できても胎児に異常が
現れることもあるそうです。

黄体機能不全は、排卵後、子宮内膜を厚くして着床を
助ける黄体ホルモンがうまく働かないことをいうそう
で、黄体機能不全だと、受精卵が着床したあとの内膜
に、十分な栄養を送れず、流産を引き起こしやすくなる
そうです。

母子間の血液型不適合というのは、Rh因子(よくRh
マイナスとかプラスなんて言葉がでてきますよね、あれ
です。)が不適合で流産したり、早産が引き起こされる
そうです。
         [もう悩まない不妊治療より]

    
    もう悩まない不妊治療 新星出版社
    

記事一覧 目次ページに戻る

 - 妊娠できない人の悩み・疑問