妊娠したい

妊娠して子供を授かる方法を知りたい、不妊で悩んでいるという人を応援しています。不妊の悩みや妊娠する方法などあなたの悩みを解消できるような情報を紹介します。

*

男性不妊の検査ってどんなことをするの?その際の注意点は?

   

男性は、女性と違って不妊検査の項目は非常に少ない
です。

それは、今のところ医学的にわかっている男性不妊の
原因としてかんがえられることが、精子に関すること
に限られているからなんです。

では、一般的に男性不妊の検査などはどのような形で
行われるのでしょうか?

基本的には、男性の精液検査というものが主となり、
これだけであれば、婦人科でも行われます。

しかし、より本格的な男性不妊の検査ということになる
と、男性の場合は婦人科ではなく、泌尿器科での診察と
なるようです。

そこで、行われる検査というのは、初診時で問診、触診
視診、血液検査などが主な内容になります

そして次に行われるのが、“精液検査”となります。

これがまさに、重要な検査となるわけです。

方法はいたって簡単。

自分で行って精子を出し、その採取した精液の状態や
精子の状態を調べるわけです。

調べる内容としては、“精液量”、“精子数”、精子
運動率、“精子奇形率”、“白血球数”などとなります。

精液検査を受け、仮に“無精子症”診断されたら、精子が
いるのかどうか、成熟した精子がどこで作られているかと
いうことも検査していきます。

方法としては、局所麻酔で精巣の組織を切除して顕微鏡で
調べるというモノです。

他にも、精巣で作られた精子が正常に運ばれているかを
検査する“精巣精管造影”という検査や、精子抗体検査、
ハムスターの卵子を使って、精子が無事受精できるかを
調べるハムスターテスト、黄体化ホルモンや卵胞刺激ホル
モン、プロラクチン、テストステロンといったホルモンの
検査なども考えられます。

記事一覧 目次ページに戻る

 - 不妊症について