妊娠したい

妊娠して子供を授かる方法を知りたい、不妊で悩んでいるという人を応援しています。不妊の悩みや妊娠する方法などあなたの悩みを解消できるような情報を紹介します。

*

不妊治療の最大の敵は、孤独、恐れ、不満、妬み

   

不妊症で悩んでいる方、または不妊症で悩んでいた方の
話を聞くと、不妊治療で一番苦しかったのが、

 「1人で頑張らなくてはいけないという孤独」

だったそうです。

近頃は、不妊症や不妊治療というものが世間的にも認知
されてきたし、ネットなどでいろいろな情報交換ができ
るようになってきたので、それほど1人で思い悩むと
いうことはなくなってきたかもしれませんが、それでも
いつ妊娠するか分からない、このまま一生子供を抱く
ことができないのでは?という不安や恐れと戦っている
女性が多いのは確かです。

不妊治療の結果、子供が出来た人でもその治療中の心の
支えになってくれた人がいたから!とおっしゃる方が、
とても多いです。

特に、夫など家族の協力は当たり前ですが、その周りに
いる人たち、例えば不妊治療仲間や病院の先生、そして
中には、心理カウンセラーの先生に話を聞いてもらった
のが、良かったという方もいらっしゃいます。

不妊治療を行う病院の中には、ただタイミング療法の
チェックをしたり、体外受精などを行ったり事務的に
行うところも多いようですが、それよりも不妊治療を
行う女性の心のケアに重点を置いている病院も近頃では
多くなっているそうです。

不妊症というのは、とてもデリケートな問題です。
周りの人にとってはそれほど大きな問題ではなくても、
当事者にとっては、ホントに食事も喉を通らなくなる位
真剣に悩んでいるものです。

そういったときに、その悩みを理解してくれる人が近くに
いるというのは、どれだけ心強いことでしょう。

このサイトでも紹介している中野ゆり子さんもその
1人ですが、ただ単に妊娠する方法を教えるだけではなく、
サポートを行うことで、一緒に悩み、一緒に解決して
いくという方が重要になってくるわけです。

不妊治療に関する体験談などを読んでみても、

 「うれしかったココのケア、勇気をもらえた」

 「大丈夫の一言にどれだけ勇気付けられたか」

 「一緒に戦ってくれた仲間に感謝」

なんてメッセージをよく見かけます。

不妊治療は、1人で戦っているとどうしても心が折れて
しまって、諦めてしまいます。

病院に行かないにしても、なかなか子供が出来ないと、

 「どうせわたしには子供はできないんだ!」

と投げやりになってしまいかねません。

そういう孤独や恐れ、不安、不満、妬みというものは、
1人で戦っていると、知らず知らずに感じてしまうもの
です。

ですから、一緒に戦ってくれる仲間、ネットでもいいです
から、心理的なケアサポートをしてくれる方という存在を
持つようにしたいものです。

不妊治療は、一人では頑張れないものですから!

記事一覧 目次ページに戻る

 - 妊娠したい 方法