妊娠したい

妊娠して子供を授かる方法を知りたい、不妊で悩んでいるという人を応援しています。不妊の悩みや妊娠する方法などあなたの悩みを解消できるような情報を紹介します。

*

不妊治療を漢方医療で行う人も増えています。

   

不妊症の改善や不妊治療として漢方医療を取り入れる不妊で
悩むカップルが増えてきているそうです。

不妊専門病院などでも処方するお薬に当帰芍薬散などを利用
するところもありますから、漢方医療というのも一般的に
なってきているのかもしれません。

漢方は、わたし達が普段行く病院の西洋医学と違って
体のバランスの崩れを根本的に解消していこうとする
方法なので、かなり時間を要してしまう傾向があります。

しかし、不妊専門病院などで不妊の検査を受けたにも関らず
原因がハッキリしないというような方であれば、その人の
体質に合わせた治療を行う漢方は適しているといえるのかも
しれません。

ですが、逆に不妊の原因が卵管の詰まりなどの場合は
漢方で治療をするよりは不妊専門病院などで対応して
もらう方が適していますので、漢方での不妊症改善を
始める前にしっかりと不妊専門の病院などで原因など
を調べるようにしましょう。

漢方医療は、望診といって顔色や肌つや、肉付きなど全身
を観察し、本人との症状のやり取り、触診などをしながら
総合的に判断し、漢方薬などを処方していきます。

漢方医療の中で、特に最近注目されているのが周期療法と
呼ばれるものです。

単純にいえば、不妊治療のタイミング療法などにあわせ、
それぞれのタイミングで役割の異なる漢方薬を飲み別けて
いくというモノのようです。

女性の体というのは、月経周期によって変化していきます
から、女性の体のリズムに合わせてそのときどきの役割に
あった漢方薬を飲み別けていくというのは、確かに合理的
といえますよね。

この周期療法を用いることで、乱れていた月経や排卵が
本来のリズムに戻ったという人がたくさんいるそうです。

しかも、この周期療法を推進している漢方の先生によると
病院での不妊治療と併用することで妊娠の確率が上がる
ということです。

特にこの周期療法を取り入れた人が体外受精を行った場合
成功する例が多数報告されているそうです。

そう考えると、漢方、特に周期療法というのは、不妊で
子供がなかなか出来ず、妊娠する方法を求めている夫婦
カップルにとっては希望が持てる治療方法ですよね。

しかし、漢方による治療はどうしても体の体質改善をする
ものなので時間がかかってしまいます。

不妊で悩んでいる方にとっては、少しでも早く妊娠したい
と思ってしまうので、不妊治療を漢方で行う人は焦りを
感じてしまいやすくなるそうです。

焦るとどうしてもイライラしてしまうし、そのイライラが
ストレスになって、ホルモンのバランスを崩しかねません
ので、漢方を不妊改善に取り入れるのであれば、その当り
もしっかり考えた上でおこなうようにしたいですね。

記事一覧 目次ページに戻る

 - 妊娠したい 方法