妊娠したい

妊娠して子供を授かる方法を知りたい、不妊で悩んでいるという人を応援しています。不妊の悩みや妊娠する方法などあなたの悩みを解消できるような情報を紹介します。

*

漢方の不妊治療周期療法で飲む漢方薬

   

不妊治療を漢方療法で行い、自然妊娠を目指す人が増えて
きているようです。

別のページでも紹介しましたが、その漢方を使った治療の
中でも、近頃西洋医学と融合させながら行う周期療法と
いうものに注目が集まっています。

その漢方の周期療法は、月経の周期に合わせた漢方薬を
用いていく治療法で、月経周期の4つの時期ごとに違う
漢方薬で本来の体調に戻していく方法です。

月経周期の4つの時期というのは、月経期、低温(卵胞)期
排卵期、高温(黄体)期です。

いらなくなった子宮内膜と血液を全部外へ排出する月経期
は、受精卵がしっかりと育つ場所としてきれいな状態を
作るため、気のめぐりや血のめぐりをよくする冠元顆粒や
星火逍遥丸などを服用します。

月経が終わり卵巣内で卵胞が育ち、子宮でも新しい内膜を
創り始める低温期には、腎精や血液を補う杞菊地黄丸や
参茸補血丸など用います。

排卵期には、腎の力を補う薬と卵巣から卵子を子宮に運ぶ
ための活血剤、温経湯や冠元顆粒などを用います。

最後に、高温(黄体)期には、至宝参鞭丸、参茸補血丸
などを用いて気や血の巡りをよくしながら子宮をあたためる
ようにします。

この4つの月経周期の中でも、低温(卵胞)期というのは
とても大事なじきということで、良い卵子を作るためにも
この低温(卵胞)期は体を冷やさないような生活や食事を
心がけるようにした方が良いそうです。

記事一覧 目次ページに戻る

 - 妊娠したい 方法