妊娠したい

妊娠して子供を授かる方法を知りたい、不妊で悩んでいるという人を応援しています。不妊の悩みや妊娠する方法などあなたの悩みを解消できるような情報を紹介します。

*

妊娠する方法としての食について

   

さて、前回の続きです

前回、私達の食べている食事によって妊娠できる体の機能を
低下させているというお話をしました。

では、妊娠する方法としての食事というのは、どのような
食事を摂るようにすればいいのでしょうね。

よく、健康食品などでマカや亜鉛などを含んだもの、体を
温めるような食事を摂ったほうが良いという話を聞きます
よね。

確かに、それはそれで必要なのですが、それ以前に妊娠を
できるような体・機能を健全な状態にするには、そういった
サプリメント的な考えではなく、体の機能を根本的に正常
な状態に戻すような食事スタイルが必要のようです。

その中で特に有効なのがお米なんだそうです。

今、“汚染米”や“事故米”など社会的な問題になって
いますが、妊娠を出来る体にするには日本人本来の主食
でもある“お米”を食べるのがいいそうです。

しかも、精米した白米ではなく、玄米がいいそうです。

玄米は、近頃見直されていて、日本国内でも有名女優さん
たちが健康や美肌の面からも玄米を食べているという事を
お話している姿をよく見かけますし、アメリカの歌手の
マドンナも玄米を主食とするマクロビオティックの食事を
取り入れていることで話題になりました。

玄米には、白米よりもたくさんの栄養を含んでいて、特に
ビタミンB群の量は白米に比べて段違い。

コレだけの栄養を一つの食品で備えた食べ物は他にはない
そうです。

とはいうものの、玄米は炊いたりするのが面倒なんです
よね。

基本的には圧力鍋などを使って、玄米を炊くわけですが、
近頃は電気炊飯器もより高性能になっていますから、
玄米炊き機能もついた炊飯ジャーもありますので、そう
いうものを使って玄米を炊くのもいいかもしれません。

玄米だけでもかなりの栄養はあるのですが、それだけでは
不十分で、できる限りお肉や卵や乳製品を避けるようにする
ことも妊娠できる体作りには欠かせないそうです。

これは肉食の本場、アメリカの報告書でも述べられている
そうで、それを元にアメリカ農務省では、「穀物と野菜を
多めに肉や卵、油や砂糖は控えるように」ということを
国民へも訴えているそうですよ。

次は、玄米以外でどんな食事をしていけばいいか?を
“まごわやさしいこ”というキーワードでお話していき
たいと思います。
記事一覧 目次ページに戻る

 - 妊娠したい 方法, 妊娠力を高める方法