妊娠したい

妊娠して子供を授かる方法を知りたい、不妊で悩んでいるという人を応援しています。不妊の悩みや妊娠する方法などあなたの悩みを解消できるような情報を紹介します。

*

不妊症と関係の深い子宮内膜症と子宮筋腫

   

不妊症や不妊治療などに関する本などで必ずでてくる
“子宮内膜症”や“子宮筋腫”という病名。

子宮内膜症や子宮筋腫って言葉は知っているけど具体的に
どんな病気でどんな治療法があるのか?
そして、不妊症や妊娠する方法とどのような関係があるの?
ってことになると意外によく分かっていないという人が
けっこう多いです。

子宮内膜症も、子宮筋腫もどちらかというとすぐに命に
関わる病気ではないためか、女性自身もそれほど深く、
この子宮内膜症や子宮筋腫というものに向き合うことが
少なく、病院などに検査に行くことが少ないため、子宮
内膜症や子宮筋腫にかかっている人の実数というものが
把握できていないそうです。

しかし、結婚して子どもが欲しいと思っていてもなかなか
子どもができない、妊娠しないという状況に追い込まれて
婦人科などに相談に行き、そこではじめて子宮内膜症や
子宮筋腫が見つかるというケースが少なくないそうです。

子宮内膜症は、あるデータでは原因不明の不妊症の女性の
約半数で子宮内膜症が見つかったという報告がされていて
子宮筋腫に関しては、成人女性の10人に2~4人に子宮
筋腫があるといわれています。

では、子宮内膜症と子宮筋腫というのはどのような病気
なのでしょう?

子宮内膜症というのは、簡単にいうと子宮内膜によく似た
ものが、子宮以外の場所にも出来る病気で、子宮筋腫という
のは、子宮の中に出来るこぶ状のような塊が出来る病気で
過多月経や過長月経といわれる月経異常や、不正出血、月経
困難といったの症状があらわれることもありますが、全くの
無症状というケースも少なくないそうです。

子宮内膜症や子宮筋腫は、直ちに命に関わるという病気では
無いといわれていますが、不妊症や流産などに関係があると
いうことはよく言われます。

では、子宮内膜症や子宮筋腫が不妊や流産とどのような関係
があるのか、コチラのページで紹介していきたいと思います。

記事一覧 目次ページに戻る

わたしの“子宮”を元気にさせた法則
子宮はすべての命を生み出す源。
そして「胎児を守り育てる」大切な器官。
その子宮を元気にするには?

 - 妊娠したい 方法, 子宮内膜症と子宮筋腫