妊娠したい

妊娠して子供を授かる方法を知りたい、不妊で悩んでいるという人を応援しています。不妊の悩みや妊娠する方法などあなたの悩みを解消できるような情報を紹介します。

*

男性のための男性不妊基礎知識

   

不妊の原因の約50%を占める男性不妊。
しかし、男性不妊というものにしっかりと向き合うことを
しないと、赤ちゃんを授かる、妊娠するということはでき
ません。

まずは、男性不妊というものはどんなものなのか?という
ことを当事者である男性がしっかりと認識していくことが
男性不妊改善の近道となります。

そこで、男性にむけの男性不妊に関する基礎知識を紹介
していきたいと思います。

まず、精子数の少ないものを『乏精子症』といってWHO
世界保健機構では、精液の1㏄あたりの精子量が2000万
以下の場合を乏精子症と呼んでいます。

次に、1回の射精で射出される精液の量というのは、健康
な男子で3~6ccといわれていますが、常に2cc以下
ということであれば、これを『精液減少症』といいます。

また、射精された精液の中の精子の運動率が低いものを
『精子無力症』と呼びます。

この『精子無力症』は、顕微鏡などで見て、動いている
精子が60%以下しかいない場合となります。

同じように、顕微鏡でチェックをして奇形の精子の数が
10%以上あると、『奇形精子症』と呼ばれます。

精液中にまったく精子が無いケースが、『無精子症』と
なります。

あとこれはすごく稀なケースのようですが、顕微鏡で
確認をする際、一視野の中に20以上の白血球がある場合
を『膿精子症』とよびます。

その他、射精段階に問題がある、『閉鎖性無精子症』は、
なんならかの原因で精子の通り道が塞がれていることに
よって引き起こされます。

また、似たようなケースに射精された精子が膀胱へ逆流
してくる「逆行性射精」というものもあります。

どれも、まずは精子一般検査という精子検査を受けてみて
はじめて分かるものですから、不安がったり恐れること
なく、まずは検査を受けてみましょう!
(参照資料『迷走する精子たち』)

記事一覧 目次ページに戻る

 - 妊娠したい 方法, 男性不妊 原因