妊娠したい

妊娠して子供を授かる方法を知りたい、不妊で悩んでいるという人を応援しています。不妊の悩みや妊娠する方法などあなたの悩みを解消できるような情報を紹介します。

*

働きながらの不妊治療の問題点

   

妊娠したいのに、妊娠する方法を一生懸命探して努力して
いるのに、

「赤ちゃんはまだ?」

なんて言葉で心を病んでいる、傷ついている方も多いの
では?

近頃は、結婚しても子供ができるまでは共働きをする
夫婦のほうが普通だと思うのですが、会社などでも
やはり同じようなことを言われたりすることがあるん
ですよね。

同じ職場であれば、なんとなく分かるようなことでも
取引先の人などは、こちらの事情などお構いなしに
コミュニケーションのつもりで聞いてきたりします。

これって、けっこう辛いんですよね。
顔では笑っても、心では泣いている・・・。

さて多くの不妊症に悩む人は不妊治療を行う場合、
仕事を続けながら、会社で働きながら不妊治療を行う
ことになりますよね?

しかし、不妊治療というのは時間的な面でけっこう
拘束されることがありますよね。

人気のある不妊専門病院などだと、診察までの待ち
時間で半日かかったりすることもよくあります。

となると、仕事を休んだり早退するなんてことになって
しまって職場の人に迷惑をかけるとか、職場での風当たり
というか、立場が厳しくなってしまったりします。

そういう意味で、不妊治療のために仕事を辞めたという
人もけっこういらっしゃるんですよね。

特に、不景気のご時世会社もリストラ候補というか
社員の勤怠に厳しくなってきています。

その中で、仕事をもって働きながら不妊治療を行うという
のは、けっこう大変なことだと思います。

本来であれば、職場の上司などに事情を説明して理解を
求めるというのが理想的なのでしょうが、現状ではかなり
厳しい職場の方が多いと思います。

一番楽なのは、仕事を辞めて不妊治療に専念するという
ことなのでしょうが、やっぱり仕事というのも大事です
から、会社のルールというのも上手く利用して不妊治療
を行うというのがベターな方法かもしれませんね。

社則などしっかり熟知して、揚げ足取りにあわない様に
やっていくというのも重要になってくるかもしれません。

記事一覧 目次ページに戻る

 - 妊娠したい 方法, 妊娠力を高める方法