妊娠したい

妊娠して子供を授かる方法を知りたい、不妊で悩んでいるという人を応援しています。不妊の悩みや妊娠する方法などあなたの悩みを解消できるような情報を紹介します。

*

不妊のタイミング療法の確率は?

   

原因が分らない不妊症の場合、まずは“タイミング療法
という不妊治療が行われます。

不妊治療でのタイミング療法というのは、排卵日など
チェックしつつ、子宮内の卵の成長度合いを確認しながら、
計画的に妊娠を目指して子作りを行う療法です。

排卵日を目指して子作りをしていくわけですから、妊娠の
確率が普通であればほぼ100%といっても不思議では
ないわけです。

しかし、実際にはそうはいかない。
タイミング療法でも妊娠する確率というのは非常に低い
わけです。

わたしも、随分とタイミング療法を行ったわけですが、
残念ながら、この不妊治療のタイミング療法で妊娠した
ためしがありませんでした。

不妊治療のお医者様に、

 「この日と、この日は絶対に子作りするように」

と指示をうけて行うわけですが、悲しいことにいつも
妊娠に結びつきません。

お医者様に“ヤレ!”といわれて、愛し合うので、
悲しいかな、なんとなく旦那の方も盛り上がらない
わけです。

それじゃ、できるものも出来ないですよね。

そういうメンタル面の問題もあるのですが、タイミング
療法には、他にも問題があります。

それは、排卵誘発剤です。

排卵誘発剤は、排卵しづらい方に排卵を誘発させる
お薬ですが、これを使えば多くの場合は排卵が起こる
わけです。

排卵が起こらない限りは、自然妊娠することはできま
せんからね。

しかし、この排卵誘発剤を使って排卵を起せば必ず
妊娠できるものでもありません。

ただ単に排卵が起こる!というだけのこと。

でも多くの場合、不妊症で悩んでいる方は、タイミング
療法などとあわせて排卵誘発剤を使えば、妊娠できると
いう希望を持って治療を行っています。

にも関らず、結果的には妊娠することはなく、また翌月
タイミング療法で排卵誘発剤を使用するなんてことに
なるわけです。

排卵誘発剤は、無理に排卵を引き起こすわけですから
何度も使用すれば、必ず人体にも影響がでてきます。

タイミング療法で妊娠するケースもあります。
しかし、結果が出ないこともあること、そしてその時に
使用する排卵誘発剤の副作用など詳しい説明をしっかり
行ってくれるか?こういうところが不妊治療の病院選び
のポイントにもなるので、しっかり理解しておきたい
所です。
記事一覧 目次ページに戻る

 - 不妊・妊娠する方法に関するお得な情報, 不妊治療 問題点