妊娠したい!歳の差婚夫婦の不妊活メモ

妊娠して子供を授かる方法を知りたい、不妊で悩んでいるという人を応援しています。不妊の悩みや妊娠する方法などあなたの悩みを解消できるような情報を紹介します。

*

男性不妊は、いまや不妊症の原因の半分を占める

   

男性不妊という言葉はわかっていても、その実情までしっかりと理解できている男性というのは、どれくらいいるでしょう?

子どもができない、妊娠できないという不妊症の原因は女性にあると思っている方はいらっしゃいませんか?

 

実は、現在では不妊症カップルの内、男性に原因がある男性不妊というのは、不妊症カップルの約50%を占めるほどになっているんです。

以前であれば、子どもが出来ない原因というのは、赤ちゃんを身ごもる女性の側に責任というか、原因があったと思われていましたし、事実そういうケースが多かったそうです。

しかし、今ではそういうケースよりも受け入れる女性側よりも、男性側のほうに原因があるケースが目立ってきているんだそうです。

とはいっても多くの男性は、自分は元気だし、ちゃんと射精もできるし問題ないと思っているはず。

確かに、射精はしっかりできるかもしれません。
しかし、これといって何の自覚症状もない!というのが、男性不妊のやっかいなところなのです。

痛いとか、かゆいとか、苦しいとか、そういう症状がでることがないので、自分が男性不妊なんじゃないのか?という疑問さえ持つことができないわけです。

これはとても重大なことです。

不妊症というのは、子どもを作ろうと決意して、本格的に子作りをはじめて2年以上経っても妊娠しないというのが、不妊症の定義となっているようですが、これではもう遅いというのが、不妊専門のお医者さんたちの意見のようです。

特に、晩婚化が進んでいる現代では、時間の経過によって女性の側の妊娠する確率が低くなってきますから、出来るだけやはく、対処することが子どもを、妊娠する方法として望まれます。

とりあえずは、本気で子作りをはじめて1年経っても妊娠できなければ、夫婦揃って、検査を受けるということが必要のようです。

 

男性不妊による不妊症の原因として考えられるもの

男性不妊の原因といっても、実に様々で、精子を作る過程での問題がある造精機能障害といったケースや、性生活上のトラブルなどのケースもあります。

性生活上でのトラブルで多いのが勃起機能障害いわゆるEDと呼ばれるものであったり、単なる性生活レスだったりがほとんどです。

しかし、こういった性生活上の問題も実はそれほど単純なものではなく、精神的な問題など複雑に絡み合っていて、一言で片付けられるようなものではないので、注意が必要です。

また、精子を作る過程に問題がある造精機能障害などは、男性不妊の約9割を占めていると言われています。

造精機能障害には、精液自体を作ることができないというケースや、精子の運動率が悪くなるなどのケースもあります。

とはいうものの、実際男性不妊の約9割を占めている造精機能障害でも、原因の分からない特発性造精機能障害と呼ばれるものが全体の約6割を占めているということで、対処の仕方が難しいケースが多いようです。

原因が分かっているものの中でも、染色体異常や奇形の精子が増えるなど男性不妊に関する環境は厳しさを増しているというのが現状のようです。

また、精巣で精子が無事につくられていても、精液が射出されないという精路障害というものも男性不妊の原因としてあげられています。

ちなみに、一般的な精液の正常値というのが、WHO正解保健機構から発表されているのですが、その数値を紹介しておきます。

精液検査の正常値(WHO基準)

精液量    2.0ml以上
ph       7.2~7.8
精子濃度   20×10の6乗ml以上
総精子数   40×10の6乗ml以上
運動率    前進する精子が50%以上または、高速で直進する
精子が25%以上
奇形率    50%未満
生存率    50%以上
白血球数   1×10の6乗未満

 - 男性不妊 原因 , , ,