妊娠したい!歳の差婚夫婦の不妊活メモ

妊娠して子供を授かる方法を知りたい、不妊で悩んでいるという人を応援しています。不妊の悩みや妊娠する方法などあなたの悩みを解消できるような情報を紹介します。

*

irohaが大丸梅田店で販売!不妊治療中の社員が発案!

   

iroha(イロハ)は、女性向けのアダルトグッズとして、今では一般的に認知されているアイテムですけど、そのirohaを大丸梅田店で特設ショップを開設して販売しているのには、びっくりしました。

irohaを大丸梅田店で売る理由

irohaを大丸梅田店で販売するのを発案したのは、自ら不妊治療をおこなっている社員さんだったそうです。

日本では、まだまだ性に関して、あまりオープンにするのは恥ずかしい風潮がありますよね。
もちろん、それが日本の美徳という考えもできるし、あまりオープンになりすぎるのもどうかな?ってのも確かにあります。

ただ、夫婦のコニュニケーション不足が不妊につながっているケースも少なからずあることや、セックスレスというのが社会的にも問題になっていたり、性に関する背徳感的なイメージもあって、女性からはなかなかアプローチをしにくいという状況もありますよね。

そういう意味では、大丸梅田店という大きな老舗百貨店でこういう企画を行うのは、それなりの意義はあるのかな?と個人的には思います。

irohaを大丸梅田店で買う?

きのirohaを大丸梅田店で売るという意義、理由というのは理解できますが、いざ実際にその販売エリアに入って、品物を手にとり、irohaを買う!ってことになると、わたしはちょっとできないかも。
やっぱり、人の目も気になるし、店員さんにどう思われるのかとか思うと恥ずかしいかも。

そんなこと気にしてちゃダメなんでしょうけど、やっぱり気になるなぁ~。

irohaの販売ブースは、

白木の縦格子に囲まれ、入り口にくすみピンクののれんがかけられた和モダンな空間に、男女が入っていく。縦格子の隙間から、店内の様子は少し透けてみえるが、中にいる人が誰なのかは分からない。(ライブドアニュースより引用)

ってことで、周りからは見えづらくなっているなど気を配られているようですけどね。

でも、実際に手にとって、触り心地とか刺激とかそういうのを確認できるのはいいんでしょうね。

実際、イベント初日には売上が約10万円にもなるほど売れたそうですし。

 

わたしは、ちょっとお店で直接買うのは無理だけど、ありがたいことにirohaってアマゾンでも売っているんですよね。

 

↑のirohaゆきだるまとか、はなみどり、ひなざくら、ゼンゆず茶、りんごとりなどなどいろいろな種類がありますね。

アマゾンなら怪しい通販とは違って信用できそうだし、

商品は外から見えないよう厳重に梱包してお届けします。

って書いてあるので、見られて恥ずかしい!ってことは避けられそう。

 

にしても、大丸梅田店も思い切ったことをしましたよね。

社内には反対意見も多かったそうですが、それに負けなかった社員の方もすごいし、結果的にそれを認めた上司の方も懐が大きいんでしょうね。

 

不妊治療とかセックスレス、少子化に関しては、いろいろな問題が複雑に絡み合っているので、こういった夫婦間とかカップル、そして個人の性の悩みを少し世に知らしめるという意味ではいいことでしょうけど、こういうのを好奇な目だけで見るのだけは止めてもらえるとより良い方向に進むのかな?という感じはしますね。

 

 

 - セックスレス , ,