妊娠したい!歳の差婚夫婦の不妊活メモ

妊娠して子供を授かる方法を知りたい、不妊で悩んでいるという人を応援しています。不妊の悩みや妊娠する方法などあなたの悩みを解消できるような情報を紹介します。

*

妊娠力アップ 高齢出産と子宮年齢

   

妊娠力というのは、年齢が上がれば上がるほど下がってきて、妊娠し難くなってくるのはこれまでの統計からも分かっています。

とはいっても赤ちゃんが欲しい女性、ご夫婦にとって高齢だからという理由で妊娠を諦められません。

出来ることであれば、わずかなチャンスでもいいからその妊娠できるチャンスに賭けてみたい!というのが心からの願いだと思います。

ですが、逆に妊娠できる可能性も年齢が上がると共にどんどん低くなってくるので焦りを感じるようになってきますよね。

しかし、世の中には40歳代で初産を迎える女性が増えてきています。

衆議院議員の野田聖子さんや大黒摩季さんのように、40歳代でも赤ちゃんを授かるために頑張っている方が大勢いらっしゃいますからね。

最近は、雑誌VERYなどでも40代での高齢出産の特集記事などが掲載されたりしています。

 

ココでは、そんな高齢出産のリスクや40歳代など高齢での不妊治療の実態、高齢でも自然妊娠できる妊娠力を高める方法などを紹介します。

 

40歳代の不妊治療と子宮年齢

女性であれば、

“40歳代までになんとか、子供を産みたい!”

というのが、母子それぞれの健康状態を考えると普通だと思います。

しかし、年齢を重ねれば重ねるほど、どんどん焦りを感じてきますし、そんな本人たちの気持ちを逆なでするように、周りからは、

「子供はまだなの!」

という催促で、胸を痛める日々。

40歳になったから、もう妊娠できない!というわけではありませんし、40歳代で初産という方(芸能人・著名人)もいるのは分かっています。

しかし、常に高齢というタイムリミットの不安を抱えながら

「このまま永遠に、
赤ちゃんができなかったらどうしよう・・・」

「もう若くないから、
自然妊娠は無理なのかしら・・・」

と毎日悶々と悩むものなんです。

しかし、実年齢がイコール“子宮年齢”というわけでもないんです。

だから、子宮年齢さえ若返らせることができれば40歳代だから、高齢だからといって妊娠することを諦める必要はないんです。

つまり妊娠するために、あなたの年齢はハンディとはならないんです。

これは意外と知られていませんが、大切なのは子供が出来やすい、育ちやすい体づくりなんです。

それが、受精卵が着床しやすいふかふかとした子宮内膜の子宮なんです。

一般には女性の場合、年齢を重ねれば重ねるだけ、妊娠出来る確率も低くなってくるし、高齢になれば、出産時の母体へのリスクも大きくなってきます。

しかし年齢だけで妊娠を諦めたり、出産を不可能と考えてはいけません。

妊娠力を高めることを実践していくことで、体外受精など不妊治療での妊娠はもちろん、自然妊娠で子宝に恵まれるということも可能になります。

 - 高齢出産