妊娠したい!歳の差婚夫婦の不妊活メモ

妊娠して子供を授かる方法を知りたい、不妊で悩んでいるという人を応援しています。不妊の悩みや妊娠する方法などあなたの悩みを解消できるような情報を紹介します。

*

不妊治療助成金に年齢制限!

   

2016年度から不妊治療に関する費用の助成制度が大きく変わりました。
初回分の助成額は大きくなったのですが、年齢制限が設けられてしまい、高年齢での出産、不妊治療というのが厳しくなっています。
年齢が上がることで妊娠しづらくなる、確率がぐんと下がるということもあって、費用対効果が悪いということなのかもしれませんが、年齢が43歳以上は対象外になっています。
これまでは、1年に受けることができる助成を受けられる回数も年齢に関係なく10回まではOKだったのですが今は、不妊治療開始時の年齢が40代未満で6回、40歳から42歳までだと年に3回に制限されました。
まぁ、国としても予算が潤沢にあるわけではないので、致し方ない部分はあるのでしょうね。
データ的にも加齢とともに卵子の老化は進むとされていますし、出産できる確率も40歳と43歳では大きく差があります。
また、高齢出産による妊娠高血圧症候群や早産のリスクなどを考えると、母体にも負担が大きいですからね。
もちろん、自治体によっては独自の助成制度もあって、宮崎県や長野県などでは、流産を何度も起こしてしまう不育症の治療助成などもあります。

 - 不妊治療 助成