妊娠したい!歳の差婚夫婦の不妊活メモ

妊娠して子供を授かる方法を知りたい、不妊で悩んでいるという人を応援しています。不妊の悩みや妊娠する方法などあなたの悩みを解消できるような情報を紹介します。

*

矢沢心と魔裟斗の不妊治療の経験談

   

矢沢心と魔裟斗夫妻の不妊治療の体験談などをまとめた著書『夫婦で歩んだ不妊治療』が発売になって話題になってます。

その本が↓コチラ


夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間
二人とも、結婚すれば自然と妊娠できると思っていて、結婚当初は自分たちが不妊症だなんて考えたこともなかったそうです。

でも、なかなか子宝に恵まれず、産婦人科で検査などを受け、不妊症であることを知ったんですよね。

矢沢心さんは、『多嚢胞性卵巣症候群』っていう排卵がおこりにくくなる症状。

 

実は、けっこうこの『多嚢胞性卵巣症候群』で悩んでいる方って多いんですよね。

月経不順や無月経という症状がでるんですが、女性の中には、生理が不順っていうのは、そんなに珍しいことじゃない!と思って、なかなか病院にいったりしないことが多く、気が付いた時には年齢的にかなり妊娠が厳しい状態!なんてことになってしまうことが多いんです。

多嚢胞性卵巣症候群の改善にはピニトール!
ピニトール配合のサプリ↓
初回定期半額
ちなみに、矢沢心と魔裟斗さんたちが不妊症が判明して、不妊治療をはじめたのって2008年くらいだったそうですが、今から10年も前なんですね。

今でこそ、不妊症ってことも社会的にある程度認知されたり、理解されるようになってきたけど、その当時はまだまだ社会的には理解されないことが多かったみたい。

矢沢心と魔裟斗さんも、情報が少ない中、いろいろとチャレンジして、体外受精なども経験したそうです。

残念ながら、体外受精では赤ちゃんを授かることはできなかったそうですが、その後、病院を変えてから、2年後くらいに自然妊娠することができたんですって。

やっぱり、セカンドオピニオンって大事なんですね。

いろんな視点からみることで、それまでは取り組んでいなかった意外なやり方で、しかも体への負担が少なく不妊治療ができる!ことにもなるってことですよね。

 

こういう具体的な体験談は貴重ですよね。

今は、不妊症で悩んでいる方はどんどん増えていますけど、まだまだ具体的な体験談って少ないです。

ですが、矢沢心と魔裟斗さんのような有名人が語ってくれることで世の中も聞く耳をもってくれるようになりますよね。

 

 

 

 

 

 - 芸能人の不妊治療 , , , ,